FF7〜13/ドラクエ/キングダムハーツ/ハガレン/STAR WARS/塊魂/スター・ウォーズ/その他攻略日記 どうせやるなら目指せ100%攻略!
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク |

一定期間更新がないため広告を表示しています

 | permalink | - | - | △TOP |
FF8 Disc1
posted by: KEI |
2003年 12月3日(水)  はじまり〜♪

昨夜息子が「お母さん、8はいつやるの?」と聞くので、「お前が早くお皿を洗ってくれたら出来るんだけどな〜」って言ったら即効洗ってくれました。にゃっはっは〜♪
二人でせっせと片付けて11時半にSET完了!

「いくよ!」

ドキドキ、ワクワクです。
「(/  ̄θ ̄)/うお〜〜〜!!画面が7と全然違う〜!綺麗じゃん!」

スコールとサイファーの戦いから始まりました。

「これがサイファーだよ。スコールのライバルなんだってさ。」
「ふむふむ」

既にアルティマニアをほぼ読破している息子の解説つきでわかりやす〜〜く進みます。
バラムガーデンが出てきました。
「これがガーデンか!想像していたよりもずっと大きいぞ。キスティス先生も綺麗だ〜!」

広い!MAPが7に比べて全然広い!なんたってキャラがデフォルメされてない!
図書室!食堂!うぎゃー、モノ書きさんが書いていたのはこれかー!」

全てが感動の嵐です。今まで想像だけで読んでいた二次小説が私の頭の中でどんどん塗り替えられていきます。
嬉しいよー。やっと、やっと少し解るようになったんだもん。(o・_・)/(ノ_<。)ヨシヨシ…

ああ、もう何を書いたらいいかわからないくらいに興奮しまくってました。炎の洞窟に行かなきゃいけないのにガーデンの中をウロウロして感動して夜中の12時半。息子を寝かせなくては・・・くっそー。

こ、これで今日はカンベンしてやる。
しょっぱなから壊れまくっている自分が怖い・・・・・


2003年 12月4日(木) ドローって???

はい〜、またまた夜中から少しだけやりました♪

朱夏さんから「バラムの港で遊んでいかなきゃねっ。ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪」って教えてもらったんですけど、どうやって行きますかね?

出口にはキスティス先生が待ち構えてますよねー。随分待たせてあるから怒っちゃってませんか?
強制的に「炎の洞窟」に連れていかれるってことはないですか?
ビクビクしながらキスティス先生のところに行ったら「じゃあ行きましょう。」みたいな・・・・ほーらやっぱりダメじゃない。と、思ったら広いところに出て自分で操作できるじゃないですか!

道がある。一本道だね。「炎の洞窟」は東よって言われてもそのまま行くほど私は素直じゃないんです。
キスティス先生ごめんね。

息子に「バラム港ってどこよ?」って聞いたら道を歩けと言うのでやっぱりそうかと嬉しそうに歩きます。

8からはコントローラーのスティックが使えるようになってます。これはかなり楽です!7では方向キーと×ボタンをずっと押してましたからかなりのストレスでした。
途中、敵とエンカウントしてしまいました。ビードルみたいなヤツです。おや!キスティス先生が戦闘に加わってる。そうか、今こういうパーティーを組んでいるってことなんだ。
へ〜〜〜〜〜〜!!!
先生はムチ使いですか。怖いですねー。
R1ボタンがどうのこうのとキスティスが教えてくれますが何のことだかさっぱりです。とりあえず勝利しましたがアルティマニアを読むべきか?息子はここのところは知らないご様子。調べとけ!

港に着きました。ここは思ったよりも広くないですね。とにかくあちこち歩きました。町から港に出ると生徒がキスティス先生に一緒に何かしようみたいなことを言ってました。今日知ったのですが、朱夏さんの言ってたお楽しみはこの生徒のナンパ行為だったようです。ギャハハ!! (゚▽゚*)ノ彡☆バンバン!

ところで、あちこちで見かけるドローポイントですが、「今はまだ誰もドロー出来ない」って出るんです。もっと話が進まなきゃダメか?などと思っていたんですが、まてよ!もう戦闘が出来るんだからスコールたちに何かしとかなきゃいけないんじゃないの?と、のろまな頭がやっとひらめきます。

そういえばジャンクションがどうたらと教室のパソコンで見た覚えが・・・と、とりあえずやってみるか?スコールにケツァクウァトルをくっつけて・・・(なんて言うんだろ)ドローっていうのを入れてと・・・・・あとアイテムかな?キスティスにもドローを入れておきましょう。これでいいんかい?

ドローポイントに行ってみると魔法が入手できました!こうやってやるんだー!
外に出て魔物と戦ってまたドローのストックというのをやってみました。魔法が手に入りました!

へ〜〜〜〜〜!!100へ〜〜〜だな!

7や10とは全く違うシステムに相当戸惑いがありまして、ホンマに使いこなせるんかいな?とかなり不安な始まり。
アルティマニア読んでおかなくちゃ。

ところで100円で買ったこのアルティマニアは何故かピカピカなのです。普通読めば痛むよね。やり込めばボロボロになるよね。これを持ってた人は8をクリア出来たんだろうか・・・どうでもいいことですが。



2003 12月8日(月)  紺色の制服♪

この調子で日記を書いているとDisc1だけでどんだけ長くなるんだろうとちょっと心配になりつつも感激を日記にしたくてついつい書いてしまう。長くなったらその時考えればいいか〜〜〜〜。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

8を始めてからウチの掲示板がかなり賑わっております。あ、賑わっているという表現とは間違ってる。

助けに来てくれる  ですね。

「アレもコレも解らない」と書いた日記を読んで下さったネットのお友達が色々教えてくれます。もう感激の嵐です。
。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
こんな幸せ者って他にいる?っていうくらい丁寧に教えてくれます。この先で起こる楽しい出来事のためにこれはしたほうがいいよっていうのも教えてくれます。皆様、本当に有難う御座います。<(_ _*)>
まだまだ先は長いですがどうか見捨てずにこれからも助けてやって下さい。

キスティスとスコールがレベル12になったし、魔法もファイア・ブリザド・サンダー・ケアル・ライブラが全部100個集まったのでそろそろ「炎の洞窟」に行くか!なんて行ってみました。

入り口で制限時間を聞かれました。そうだなー、夕飯の支度まであと30分か。20分で申告しました。(〃∇〃)
一応主婦だしね、夕飯は作らないとまずいっしょ?

時間制限があるならとにかく突き進まねば!途中エンカウントする敵はドローする必要がないからどんどん倒していきます。
奥から出てきたのはイフリートではありませんか!お久しぶりですねー。まさかあなたと戦うとはおもってませんでしたよ。あ、「炎の洞窟」の洞窟だからか!気づくの遅いっちゅーの。
キスティスもスコールもレベル12です。さんざんドローしながら遊んでたので結構レベル上がってた。スコールはブリザドで4回、キスティスはシヴァ2回召還したら終わってしまいました。
仲間になってくれるんだ!“ヘ(゚▽゚*)いらっしゃいませ〜♪
イフリートをGETして出口へ走ります。エンカウントがなければ10分以内で出られたみたいだけど、20分申告で残りは8分でした。残念!エンカウントなしのアイテムが欲しいぞ。

キスティスが「制服に着替えなさい」って言った!w(*゚o゚*)w  ついに紺色の制服姿が見られるんだ。

ガーデンに戻って制服に着替えました!
「やりー!いいじゃんー!\(^o^)/  これよこれ!似合うねー♪そうか、パンツの裾は開いてないんだな〜。」
などとはしゃいでました。
お風呂から出てきた旦那が「そんなにレアな映像なのか?」と聞くので、「これはね〜最初の頃しか見られない紺色の制服なんだよ。もうちょっとしてランクが上がったら黒の制服になるんだってさー。」ってクガさんに教えてもらったことを嬉しそうに説明したら「なんだ・・・・ふっ」とか言いやがりました。

なんだじゃないんだよー!o(-ε-o)

着替えて入り口に行くとこれから先の説明がシド学長からありました。
ふ〜ん、これから戦闘にいくの?「ガ軍」ってガルバディア軍の略かな?チームリーダーはサイファーだそうで。今のところコイツは好きになれそうもありませんが、8の二次小説を書いてらっしゃる方の中ではそんなに悪いヤツではなさそうな・・・・これから好きになれるかな。

車に乗って港に連れて行かれ船に乗せられそうになりました。
!!(; ̄□ ̄)ノ”ちょっとまってくれ。まだ「炎の洞窟」前から一度もセーブしてないよ。まずいっしょ〜。

脱走を試みました。船に背を向けて港町のほうに走ってみると脱走成功!
良かった、これでホテルに行ってセーブするべ!セーブしてついでにメニュー画面をひらいてみるとゼルとサイファーがパーティーに入っていました。あ!ここでまた色々整えておかないといけないのか。
イフリートはゼルに持ってもらって、キスティスの魔法は全てゼルとサイファーに分けました。きっとキスティスはこの先一緒にいないよね?
ついでに外でバトルしてみようって思って港から出ようとしたら車が入り口を塞ぎやがりました。
出してくれよー!(((ノToT)ノ まだ行きたくないよー。

そんなことをわめいてもしょせんは無駄ですな。仕方なく船に乗りました。
船の中でこれからのテストについて説明がありました。これに成功したらSeeDになれるのかな?お給料が貰えるのかな?じゃ、頑張らなくっちゃね!
市街地に着く前にとんでもなくいいものを見ました!スコールのドアップです。
ひゅーひゅー!(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ

映像が擦鉾罎戮導蔽覆砲いい任后いや〜たまりませんな〜。ゆるみっぱなしの口元です。
横で旦那と息子がため息ついてたけど無視!
市街地に到着したところでセーブ。

ところがゼルのラブラブイベントのためには図書館によっておく必要があるというのを後から知りました。「炎の洞窟」からやり直し〜〜〜♪いいもん、何回でもやるもん。またスコールのドアップが見られるもんねー。
で、ラブラブイベントってなんだ?

それにゼルの家でお母さんがカードを所持してるって書いてありましたけどゼルの家はどこ?行けば貰えてしまうのか?お母さんは渡してしまってゼルに怒られたりしないのかな?

とにか「炎の洞窟」からもう一回やりなおし〜〜〜〜〜喜んでどうする!



2003 12月10日(水) 萌え〜♪

ああ!もう大変なものを見てしまいました。SeeD就任パーティーです。
最初上手く踊れなかったスコールが突然綺麗に踊り始めたですよ。(ノ´▽`)ノ♪

あの足の運びが!腕の動きが!よすぎますーーーーーー!!
キャッー (^ω^*))((*^ω^) キャッー


私のティーダは踊りはしなかったぞ。でもティーダに踊りはちょっと合わないよね。スコールのあの細い華奢なラインにダンスがあまりにも合いすぎ!
( ̄∩ ̄# ちょっとまずいことになってきました。ティーダ癸韻虜造奪われそうです。

目を皿のように(表現古い?)してムービーを見てたらあっという間に終わってしまって「はっ!もう終わりかい!」とリセットしてもう一回。まだまだ足りずにもう一回。
リノアも可愛いいし!あのドレスはオーガンジーが1枚上についてるなとかそんなことまで見てしまった。
「まだ見んの?!」という息子に「うるさいんだよー。ほっといてくで〜。目に焼き付けたいんだよ♪」
と言い返し三回も見ちゃったよー。

プレステのメモリーカードってまだ売ってるのかなぁ。この場面は保存したいぞ。今日は買いに行きたかったけどちょっと無理みたいだし、明日は絶対に買ってこよう。
それにしてもこのメモリーカード、かなり容量食ってます。
FF8だけなのに(他のデータは全部消してやった)セーブデータ3個しか入らないのはどうしてだ?FF7の時は他のも入っていても6個も空きがあって、いくつも前のセーブに戻ることが出来たのに。3個は少ないよ。
FF10なんか15個くらいセーブ場所確保してやってたもんね。

あ、電波塔の攻略のことが後になってしまった。えっと、「炎の洞窟」をやり直しました。今度は20分申告で10分以内で出てこれました。エンカウントが少なかったから助かった。

ドールに行きました。船の上から顔を出したスコールが素敵〜〜!と掲示板で叫んだらねこまんまさんが
「キスティスが機関銃をぶっ放すのも見物ですよ」って教えてくれました。それはいつ見られるかなー。楽しみ。
シン&ユウナさんも逃げ切るといいものが見られるって言ってた。

ボスのブラック・ウィドウ(X−ATM092)ってヤツとの戦いがここのメインなんですね。デカいカニってコイツのことだ!ダメージ与えたら回復しやがります。
アルティマニアでは逃げろと書いてあるので頑張って逃げましょう。これが「逃げ切る」なんだなー。
それでもヤツは追いついてきます。エンカウントになると時間がどんどん過ぎていくっしょ。30分以内だよね。

ああー!邪魔!

ケツァクウァトルはスコールが大事に育ててきましたから1回の攻撃で1200以上のダメージを与えられます。スコールが待機中に他の二人はせっせとプロテスをドローします。後でスコールにも分けてあげるからね。

結構システムが理解できてきたみたいですよ。掲示板で皆さんが教えてくれたお陰です。本当に有難う御座います。

ブラック・ウィドウ(X−ATM092)とは結局4回バトルしました。残り14分でやっと船まで着きました。
というか、スコール足遅くない?なんでいつも二人から遅れをとってるんだろう?

ヤツが襲いかかって「ぎゃー!ダメじゃん」と思ったときにムービーが始まりました。キスティス先生が機関銃をぶっ放してます。 オオーw(*゚o゚*)wこれかー!
ねこまんまさん、シン&ユウナさん見たよ!Good!! ( ̄ε ̄〃)b

朱夏さん、バトルしないで逃げ切る方法は攻略サイトからちゃんとプリントアウトしてあったんだけど、ダメでした、わっはっは!がけが崩れないように歩くとか橋の上で左右に走るとかですよね?
失敗しちゃった o(〃^▽^〃)oあははっ♪

それで就任授与式がありましたね。
4名合格してシドさんから一人ずつヒソヒソとお言葉を頂戴しました。

左から二人目、こいつは誰?って思っていたらシドさんが
「目立たないけど頑張ってね・・」
みたいなことを言ったんです。

これ!
これがもしかしてニーダですか!


8の二次小説やイラストには必ずと言っていいほど出現するニーダ!確かニーダは「目立たない」って書いてありましたよね。これがキーワードですよね!?かんすけさん、クガさん。

かんすけさんとクガさんのニースコ祭りというイベント作品ではスコールに名前も覚えてもらえなかったニーダ!でもスコールへの愛を炎のように秘めていたニーダ!会いたかったよー!
この作品はかんすけさんとクガさんが二人でそれぞれのキャラを担当してそれぞれの目線で書いています。
リレー小説になっていて、私は毎日楽しみにしてむさぼるように読んでいました。今はお祭りも終わり、全部の作品が出て完結していますから一気に読むことが出来ますよ。
私の一押しの作品です。この作品はかんすけさんのサイト「EASY EASY EASY」とクガさんのサイト「ケモノノナミダ」でご覧になれます。


それから、シドさんからもらったバトル計には

【行動力 30Pt】  【判断力 100Pt】  【攻撃力 30Pt】  
【心力 50Pt】  【態度 10Pt】   SeeDランク5

でした。これっていいの?悪いの?普通?

後はチュートリアルのテストを受けました。
思いっきりズルして攻略サイトから答案用紙をコピーしましたさ、えっへん!
今はスコールのレベルが19なのでそこまでしかテストが受けられないんだ。お給料が沢山欲しいよー。

そう言えばセイレーンは精製魔法を覚えましたよ。他のG.Fもその類の魔法は完璧です!
ところでどうやって魔法やアイテム作るんだ???アルティマニア見なきゃε=ε=ε=ε=ε=(o*゚ー゚)oブーン

毎回こんなに長く日記を書いているとこのページどんだけ長くなるんだよ〜(泣)
Disc1も1/2/3/と分けなきゃダメみたい。



2003  12月12日(金) ディアボロス強し!

前回の日記で早速ニースコ祭りを訪ねて下さったねこまんまさん、有難う御座います♪他にもいらしたら有難う御座います!

まだまだ御紹介したい作品や作者さんはいっぱいいるんです。今の時期だとやっぱりクリスマスでしょう!テオさんの失酩覆任蓮  嵜診鬚聖夜に」 Holy Night  がおすすめです。ニーダとシュウの素敵な愛が純白の雪の中で小さな炎のように見えます。いやー、たまりませんの一言なのです。 「気ままにSentence」

もう一つ同じタイトルで朱夏さんの作品  「真白き聖夜に」 The Present Of God というのがあります。何故同じタイトルかというと、テオさんのサイトで開催された「テーマノベル」に朱夏さんが参加なさった作品だからですね♪
サブタイトルで解ってもらえると思うんですが、キスティスが貰うものってな〜んだ。キャラ総出演のクリスマスを是非読んでみて欲しいです。 「WING」

爾離押璽爐鬚垢訌阿らこうして爾両説を読んでるもんだからなんだかゲームをしてると変な感じなんですよね。
普通は新しいキャラが出てくると先入観なくて、ちゃんと第一印象があって、話が進むと見方がだんだん変わってきたり性格がわかってきたりするものなんですよね。
全く逆をやってる訳だね〜(´ー`)y-~~  (何故にタバコかは突っ込まないで・・)
そのかわり「おおー!これがニーダかー。ついに見たぞ!」みたいなゲームの楽しみ方が出来る訳で、結構幸せ者だなとつくづく思ってしまうのです。(o^-^o)

さてさてゲームの進み具合ですが、大して進んでません。
ちょっとプレイ時間が作れませんでした。、母とか主婦とかってたまに放棄したいなーと思ったり、特に主婦のほう。

夜中にちょっと頑張りました。
精製魔法の使い方はわかりましたよ。ケアルガやファイガ・サンダガなどをみんなに分けて持たせました。これからディアボロスとの戦いが控えてますからね。ちゃんと準備を整えておかないと。

スコールのレベルは19だけど、ゼルは13、セルフィは12。かなり差がありますね。SORAさんがレベルは均一にしておかないと大変だよって教えてくれました。
敵のレベルはこっちのパーティーの平均値で出てくるとのこと。ということは44÷3=14あまり2 ゼルとセルフィは完璧に下ですね。これはいかんです。

外に出てまたコツコツと雑魚敵でレベル上げですね。こういうのは嫌いじゃないんです。一回の戦闘が終わると「シヴァが●●魔法を覚えました」とか出るじゃないですか。あれがすきなんですよ。
「よしよし、また一つ偉くなったねー」とかつぶやきながら次に覚えてもらうのを選んだりするのが楽しい。

バラムの町は結構つまらんところだと大きな勘違いをしてました。今までただの絵だと思っていたとこがちゃんと入口で、ゼルの家だったりするのでびっくり!入れるのかな?とも思わなかったし。色々教えてくれるネッ友の皆様、毎回毎回書きますが本当に感謝なのです。

ディアボロスとちょっと戦ってみました。全滅しました。

(((( *≧∇)ノノノキャーッ♪ 強い!欲しい!

「グラビジャまでするか?それはないだろう。」とか「通常攻撃もするんかい!」とか思いながらこいつを手に入れたら先が楽だぞーと舌なめずりしましたさ。

まってろよー絶対に仲間にしてやるからな。



2003 12月13日(土) ラグナ!会いたかった♪

いっぱい進んでしまいました。どうしよう・・・どんだけこの日記長くなるんだ? ( ̄⊥ ̄lllあせあせ・・・

まずはディアボロスですね。はい、ちゃんと倒して仲間にしましたけど・・・・・3回GAME OVERになりました。4回目でやっとGETです。
結構大変でしたね。何がいけなかったかというとセルフィちゃんです。

彼女はドローが下手ですか?

アイテムなども今回は必要なのでアビリティにドローを装備するのはセルフィだけにしました。ところがです、この子はドローが4回か5回に一回しか決まらないのですよ!何故に!?
グラビデを放っていかなきゃならないのに「ドロー失敗」とか出やがります。じゃあ、「はなつ」じゃなくてまずはストックしてからと思ってもそれも失敗してくれます。
苦戦を強いられたのはまさしくセルフィのせいです!

じゃあ、アビリティを他のメンバーに取り替えろと思うでしょう?(* ̄3 ̄)bチッチッチ めんどっちいんですねー。
なんだかもう一度決めてしまったアビリティは考え直すのが疲れる。という訳で、失敗を繰り返すセルフィを何度も怒鳴りつつ、どうにかこうにか勝ちました。
ディアボロスにグラビデをかけるとこちらにケアルガをかけてきて回復させてくれるんですね。もっとセルフィのドローが決まれば楽な戦いだったんだろうなー。ま、まあいいさ。

期末試験の終わった息子が平日というのに家にいました。

「早くティンバーに行こうよ!4つの路線が乗り入れてる鉄道大国なんだからさー。」
「わかったよー。行けばいいんでしょ、行けば!」
休む暇なくティンバー行きの列車に乗り込みました。

「すげえ!このドア500系に似てるじゃん!」

「はぁ・・・・・」
「TIMBER STATION NEXT って書いてあるよ。なにげに読めたし。ほら、半分隠れてるんだよ。読めたよ!」
「はぁ・・・・・・(-_-)」
こんな会話がありましてスコールたちが急に眠ってしまったんですね。

で、突然兵士が3人草むらの中に現れた。

ラグナ!ラグナだーーーーーー!

( ̄ ̄▽ ̄ ̄)  ついに見た!これがともちんさんの愛するラグナ。結構いい男です。(*^▽^*)
道のド真ん中に車を止めてしまう大雑把なその性格。明るくて憎めないそのしゃべり方。
「どぞう〜」って言うのはともちんさんから聞いてたけど、本当にそういうふうにしゃべるんだねー。
この人を美麗ムービーで見れることはあるんだろうか。アルティマニアにちゃんとキャラクター紹介されているくらいだからあるよね?ともちんさん、おせ〜〜て!

そう言えばウチの掲示板ではクガさんと朱夏さんがニーダの取り合いしてましたっけ。ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆
何故だろう?爾隆慙▲汽ぅ箸気鵑帽圓と必ずと言っていいほどニーダを愛してらっしゃいますね。ポリゴン画像のみの「目立たない」キャラがそんなによくなる何かを早く知りたいなー。
だって、まだ声も(本当に出る訳ではないが)聞いてなければ顔も見てない。

ラグナの素敵なラブストーリーを見て、スコールたちが目覚めました。これはどういうことだったのかはいずれ解るんだろうと思うので、今は「ふ〜〜〜〜〜〜ん」で済ませておきましょう。

さて、ティンバーに到着して、フクロウ?のアジトでリノアに会いました。これから大統拉致作戦です。どうも電車で色々やらなきゃならないらしい。息子がウズウズしてます。

「やらせてあげよっか?」
「え!でもなんかむずかしそうだし・・・」と言いつつ既に手にはコントローラーを握り締めてます。
やる気かい。

リノアの説明を二人でしっかり聞きながら作戦を成功させるべくミッションに入りました。
息子、相当焦っております。
キーコードみたいなのを入力するんですが、二人だと楽です。私が「2234」とか数字を覚えてを読み上げる担当で、息子が打ち込みます。さすが親子!息もぴったりじゃあないですかー!y(^ー^)y
成功すると列車の切り離しのムービーがあります。

「w(*゚o゚*)w おうぉ!この連結器メチャクチャ良く出来てる!すげえ」
「はいはい ( ̄、 ̄) 」
鉄ちゃんの子供を持つとこういう会話は日常茶飯事、いや、朝から晩までこれしかない。飽きたぞ、息子よ。



2003年 12月16日(火) 復興後のドールへ

昨日は一日中やってました。かなり進んだとおもうでしょう?そうでもないんですね、これが。訳は後ほど。

ティンバーの中を探索して楽しみました。せっかく来た街だから全部回らないとね!

ペットショップでG.Fにアイテムを覚えさせる書なんてものが売ってました。買ってみました。
「イフリートはすでにアイテムを覚えています」だって。
くちょー!必要ないんじゃないかー!(TOT)

ホームの側のおうちのおじいさんのヘソクリを見っけ!これって取らなければ後で何かが変わるとかってあるのかなー。まあ、盗んでしまったものは仕方がないのでそのまま頂いてしまいました。返せっていわれなかったしさ。

パブで酔っ払いからトンベリのカードを貰って放送局へ向かいました。カードもこの先重要になるんだよね。しっかり集めておかないと。

放送局の大画面にキスティスとサイファーが登場。
おおー!久しぶりのサイファーじゃないですか。どこに行ってたんですかー。
キスティスが画面からスコールたちを呼んでるし。
キャー!ヽ(^o^;)ノ 急がないとムチで叩かれそうだから必死で向かいました。キスティスは怒ると怖そうだもんね。機関銃ぶっ放した時に顔はすごかったもん。怒らせちゃいけませんよ、こういう人は。

サイファーはリノアの為だけじゃなくてスコールたち新人をこんな危険な任務につかせたことに腹を立ててどこかを抜け出してきたんだそうな。(どこだった?収容所とか言ってたかな。悪いことしたらしいぞ)
サイファーを「いいヤツ」っていう人たちが言ってるのはこういうことなんですね。
(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン、少しわかった気がします。

でもサイファーは魔女に捕まってしまいましたよ。今度会えるのはまたまた随分先でしょうか。しかし、彼はおいしい役ですね。準主役なのかな?

ティンバーを抜け出して学園東駅に行くんだけど、そこで降りないで終点のドールに行きなさいとのこと。

駅を降りたら見渡す限りの草原と森じゃあないですか。

ドールはどこ?
歩き回ってやっとみつけました。

もう!なんで駅の近くに街がないのよ!(▼▼メ) y-゚゚
この前来た時に街中を壊してしまったけど、綺麗になってました。復興後のドールと呼ぶのだそうですね。

おじいちゃんの絵のイベントを3回クリアして、電波塔に行ってみましたが、途中であのカニのヤツが出てきて道を塞がれてしまいました。 ガルバディアの兵士に聞かれた時に「やる気だ」を選んだのが間違いかなー。もしかして電波塔まで行けたのかなー。

後悔を残しつつ、パブの二階の御主人とカードをしました。勝てる自信がないからしっかりセーブしてからね。
引き分けのときもあるけどなかなか勝てない。何度もリセットして5回目でやっと勝ちました。ルールも理解してないでよく勝てたよね。(^0^*オッホホ
結構広いドールの街中をrンタカーを借りずに歩きます。SORAさんが歩けば給料が貰えるって教えてくれたから。

ドールを出て学園東駅に戻ってラグナ編に入りたい。ふんふんと鼻歌など歌いながら広い草原を歩き回って新しい魔法をドローしたり、一緒のパーティーのキスティスとセルフィのレベル上げなどしてました。敵がウヨウヨいます。4〜5歩も歩けばすぐにエンカウントします。6(⌒〜⌒ι) ポリポリ・・・ちょっと多すぎないか?全然歩けない。

そのうち飽きてきたのでそろそろ目指すラグナの森へ・・・・・・・行きたい・・・・・な・・・・・・と。

ここはどこ?

完全な迷子でした。

おーい!どうにかしてくれー!

MAPは出ないのかとコントローラーをあちこち押したら出てきましたよ。しかし、このMAPはあまりにも不親切です。わかるかい!(●`ε´●)
アルティマニアの地図と見比べながらとにかく学園東駅を探しました。その間もしょっちゅう出てくる敵は相手にしてると時間がかかるので(1回の戦闘時間長くないですか?)無視しながらやっと目指す駅にたどり着きました。

ドールを出てからなんと2時間ですよ。遊んでた時間が1時間。迷子になってから1時間。
レベルもあがるよねー。スコールは30、キスティスとセルフィもなんとか21くらいまでにスコールとの差を縮めました。

アルティマニアに写真で載っているラグナの森を探してやっとのことで見つけました。
疲れたよー!・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

ところでまたまた余談ですが、私の日記を見てLunaさんが8をやりはじめたとのこと。
嬉しいですよねー。(⌒o⌒)
私の日記が楽しそうに書かれているなら(本人は結構必死だったりしますが)書いてる甲斐もあるってものです。
後から始めたLunaさんがもうとっくにDisc2に入ってるというのはどうなの?というのもありますが、彼女は再プレイだからね。進むべき道がわかってるのと手探りとでは違いもあるでしょう。
私ももしかしたらこの8は再プレイもあるかも。それほどこのゲームは面白い今日この頃でした。



2003年 12月17日(水) アーヴァインだー!

昨日の日記でLunaさんがDisc2って書いたら掲示板に「Disc3」に入りましたよー!」だって。
( ̄[] ̄;)  なにー!早すぎないか?
Lunaさんは一体何時間やってるんでしょうか?それとも私の歩みが遅すぎるのかな。

ラグナ編にやっとのことで入って、まーた訳がわからん。?(゜_。)?(。_゜)?
セントラ発掘現場って言うんですか?迷路は嫌いだよー。はしごがどこにあるかも、下り方もわからん。

ここ、3回もやり直しました。
3つの扉の2個まであけて、反対から回り込んで最後の扉のスイッチをいじるのを忘れたことと、鍵を1個しか拾わなかったのでもう一つを探したこと。
最後のセーブポイントだと解らずに進んでしまって、まだ岩を動かしてないのに強制終了してスコール編に戻ってしまったこと。
やっと3回目に最後のセーブにたどり着いたらエスタ兵とのバトルは数回連続のはずが1回でした。
でも、これをやっておかないと後でスコールたちが困るんでしょ?
もうこれで大丈夫だよなー、なーんかまだやり残したことがありそうで気分悪いんだけどもう疲れたし。ああ、やっぱり進みが遅いわ。

ラグナ様は今回はそんなに面白いところもなく、一生懸命働いてましたが、最後に崖から海へ仲間を突き落とすところが良かったな。
倒れてる二人を絶対に連れて帰るっていうところがさすがラグナ様!かなり見直しましたよ。( ̄ε ̄〃)b


ガルバディアガーデンの応接室でキスティスがサイファーは処刑されたと皆に告げました。
リノアはセルフィの「つきあってたの?」の問いかけに「去年の夏ね」みたいなこと言ってましたよ。

あんたたち つきあってたのかい!(; ̄ェ ̄)

え?、でもこのリノアはスコールとどうにかなるんじゃないの?どうもそんな感じがしないんだけど。ま、まだまだ先は長いし、この先で二人の気持ちが変わるのかもしれないね。

ガルバディアガーデンでシン&ユウナさんがお気に入りの雷神と会いました。初めてちゃんと顔を見たんじゃないかな。シン&ユウナさんは7のシドといい、ちょっとワイルド系がお好きなようだ。
サイファーが死んだことを全然信じてなかった。さすがサイファーの部下(じゃないの?)だね。

魔女を暗殺ミッションを告げられて狙撃の名手を貸してくれるって。

アーヴァインだー!きゃー゚(p ̄ー ̄)pq( ̄ー ̄q)きゃー!

かなり甘いマスクですよ!今までかんすけさんやSethさんのイラストでしか見たことのなかったアーヴァイン。やっぱりいいわー♪
Sethさんのアーヴァインは後姿でちょっと振り向いてるんですけど、その背中がたまらないのよねー!!コートのポケットに手を突っ込んでいるのもいいし!あ、壊れてくる・・・・・強制終了します。

Sethさんは朋月さんと共同でサイト運営なさっていて、イラストを担当されてるんです。ちょっと(かなり?)あぶないイラストもあります(爆)。でもでも!私はSethさんのイラストにぞっこん惚れこんでおります。
朋月さんは小説をお書きになってます。まだ8があまり進んでいないのでストーリーに沿った作品は読むのを控えているんです。だからもう少ししたら朋月さんの作品もむさぼるように読ませて頂だこうって決めてるんです。
まだ朋月さんと交流がないためここにURLは書けないけど、そのうち書ける日がくるかなぁ。

かんすけさんのアーヴァインは銃に弾丸を込めてるところなんだけど、かなりクールな感じになっていて、仕事の時は顔が変わるぞ!みたいなプロ根性のアーヴァインなんです。
これがまたまたたまりません!ε=ε=(*ノ~▽~)ノキャー


これからはアーヴァインと一緒に旅が出来るのか!って喜んだらアーヴァインがパーティーは自分に決めさせろって。そしたら若い女の子二人持っていかれちゃって、キスティスは怒るしアーヴァインとは一緒に歩けないらしいし。
なんだよーこれ!
パーティーを強制的に変えたほうがいいのかな?



2003 12月22日(月) 名もなき王の墓

SORAさんに
「攻略日記進めてくださいよー。日記楽しみにしてんですからー。」
って言われました。
[岩陰]T-T)  ごみんね〜〜〜。先週はかなり用がつまっていて少ししかゲームができなかったのねー。おまけに日記を書く暇もなかったのねー。待っててくれてうれちいよ〜〜〜。

えっと、アーヴァインに会ったところから止まってますよね。ちょっとだけ進んだんですよ。
アーヴァインのレベルが13だったのでこりゃあいかんとやっぱりパーティーに引きずり込んでデリングシティに向かいました。ラグナのラブストーリーを見たところなんだね。

カーウェイ大佐の入口で門番に「名もなき王の墓」で出席番号を確認してくるように言われました。ここですんなり行けばいいのに行かないんだな〜〜( ̄3 ̄)
だってデリングシティの中を見たいじゃない。迷いやすいって言ってたけど、迷ったらバスに乗ればいいし、思ったほど広くなかったね。
武器の改造をしてくれるお店でやっとスコールの武器を1ランクUPしました。アイテムショップでガソリンもいっぱい買いました。
街にいる人全部に声をかけてお話しを聞いちゃいます。これはどこでもおなじね。とにかく誰でも捕まえて○ボタン!FF10を始めた時からずっとやってることなんだな。
FF10−2の時なんか、もしかしたらこうして全部の人から話しを聞いたら%があがったりして?な〜んて思って聞きまくってました。関係なかったけどね。(。p_q 。)

こんなことをしているので街を歩くだけで1時間は使ってしまう。Lunaさんやシン&ユウナさんはもうすぐラスダンだっていうのに・・・・・・・
でもしょうがないよね。これが私のやり方だし。ゆっくりいくぞ〜♪

納得するまで歩き回ったのでやっと「名もなき王の墓」に行く気になりました。

レンタカーを借りていざ出発!で、どうやって運転するんだ?

だって運転するの始めてだもんね。今までは息子がやってたし・・・・・・。
「ね〜どうやって運転するの?○ボタン?×ボタン?」って横でパソやってる息子に聞いたら「え〜〜っと、なんだっけ。×かな?」

「おおそうか!×ね。」

街を出てた車がバックしてレンタカー屋の駐車場に戻っていきました。強制的です。スコールが車から降りちゃってるし。
「おーい!なんだよーこれー!」もう一回乗ろうとしても乗れないよー。また3000Gも払う羽目に。
「バカー!お前が×って言うから3000Gも棒にふったんだぞ!どうしてくれるんだよー!」
「あ、違った?」
なーんてのんきな息子に一発ぶちかましてからリセットしました。щ( ̄∀ ̄)ш  
もったいないんだよー。前に進むのは□ボタンじゃん。

さて!行くぞ!東にある王の墓だー!
「どこだー!」
見つからない。全然見つからない。ガソリンが減っていく。途中で動かなくなったら乗り捨て料金取られるのかなー。くっそー!アルティマニアだって見たよ。でもさ、わかんないのよ。すっごく中途半端で小さい地図。

もっとデカイ地図はないのかー!

もう一度街に戻ってガソリン買って出直し。ガソリン高いし。ばかやろーーーー!
(──┬──__──┬──)

なんと1時間近くさ迷って「名もなき王の墓」を発見しました。道の途中に道しるべくらい立てとけよなー。

で、今回の日記のタイトルは「名もなき王の墓」なんだけど、ここは楽勝で進んだのであんまり書くことないんだ。
あ、でももし攻略のお手伝いになるならということで、迷路の歩き方だけ書いとこうかな。
曲がり角をちょっと行き過ぎるともう解らなくなるのね。地図を表示させても勘違いするらしい。自分が今どの方向から来たのかを把握してれば×印の現在地からどっちに曲がればいいかわかります。10や10−2ではこの歩き方じゃないとダメなところがいっぱいあったから随分慣れてたね。

一人目の敵、セレクトとの戦いは楽勝でした。地面から力を借りて回復するからレビテトをかけてやりますね。いっぱい持ってるよー♪
風に弱いということなのでエアロ攻撃で。この方法で兄貴のほう「ミノタウロス」も倒しました。ちょっと時間かかったけど、先に兄貴を倒したのが良かったみたいですよ。こうしてGFブラザーズをGETしました。( ̄3 ̄)♪
ディアボロスより弱かったじょ。先にこっちを倒すべきだったらしい。
彼らが納まったGFの場所はセイレーンとディアボロスの間でした。

街に戻ってカーウェイ大佐の家に入りました。
「リノアの家?!」ゼルなんかすっごく驚いてました。ホントだよー。
そして魔女暗殺のための細かい説明を長々と大佐からじきじきに賜りましたが!長すぎだよ。無理だよ。
ゲームはここでストップ状態ですねー。早くやれよ! o( ̄ー ̄θ☆蹴(*x_。)/グヒッ!!

ところで話しは全然変わるのですが、朱夏さんが主催する「MELTY KISS」というクリスマスイベントが始まりました。FFキャラによる「Kiss」がテーマのイベントです。 (*^-^)//いよー!待ってました!

ここへテオさんが投稿した作品も読みました。
読んだんですよ。ええ、読んでしまったんです。 |||-_|||<怨怨怨怨怨怨怨怨怨

その後テオさんとチャットする機会があったのでその会話をば・・・・(ちょっと演出してます)

私 :     「作品拝見しました〜」

テオさん : 「あー、見てくれたの?ありがとねー」

私 :     「いえいえ、読まないほうが良かったです。(|||-_-)」

テオさん : 「えー、なんでー?」

私 :     「リノアが魔女になるんですね〜(-_-;)」
        「ニーダがガーデンまるごと飛ばすんですってね〜。( ̄▽ ̄;)」
        「<-<)o>> どうしてくれるんですかー!知りたくなかったのにー!」

テオさん : 「( ̄。 ̄ ) ああ、そう言えばそんなこと書いてあったねー。」

私 :     「そう言えばじゃないですよー。」
        「どうしてくれるんですか。楽しみが減っちゃったじゃないですかー!もうー!(~□~;)ゞ」

。・゚゚ ´゜(*/□\*) ´゜゚゚・。うわぁ〜ん

テオさん : 「あっはっは! ( ̄▽ ̄) しょうがないじゃないー。それを書かなきゃいけない話だったしー。」

私 :     「で、ガーデン丸ごと動くってことは中にいる人達まで全部一緒ですか?」

テオさん : 「それは・・・・・ナイショ( ̄b ̄) 」

私 :     「Σ( ̄O ̄ えー!ここまでバラしといてそれはないでしょ〜。」

ふん!いいもん。教えてくれなきゃ他の人に聞くもん。
一緒にチャットに参加してた異界返りさんと侑史さんに教えてってお願いしたら

異界返りさん・侑史さん : 「( ̄ー ̄)う〜〜〜〜ん、っね〜〜〜!それはお楽しみお楽しみ。」「そうそう!」

みんなきらいだー!



2003 12月28日(日) 魔女と対決!

えーーーーと、前回の日記でニーダが飛ばすのはガーデン丸ごとというのが解ってしまったものの、じゃあ中にいる人達はどうなってるんだ?という疑問を残してましたね。
わかっちゃいました (メ▼▼)y─┛~~
またまた読まなきゃいいのに8の作品を読んでしまいました。その小説の中ではニーダが操縦している最中にガーデン内でパーティーやってましたよ。
ほんとに全部丸ごと生徒も先生も一緒に飛ぶのね。

(〒_〒) うううぅぅぅ・・・

もう決めた!

これから一切の8小説を絶ちます!


これ以上は知りたくないぞー!


突然ですが年の瀬も押し迫ってなかなかゲームをやる暇も日記を書く暇も御座いません。
<(T◇T)> 明日からは1泊だけど旅行だというのにまだバッグすら出してないし・・・・荷物をこれから詰めるのじゃ。
今これを書いている時間は夜の8時。ダンナが横目で睨んでます。
夕飯の片付け、彼がやってるし・・・・・ああ、焦る。

しかしちょっとでもゲームが進んだことを書いておかないとわかんなくなっちゃいます。

魔女暗殺ミッションはサイファーが登場しましたね。ギタギタにしてやりました。
┗(`o´)┓
魔女もHPを0にして「こしゃくなSeeDめ!」みたいなセリフを言わせてやりました。かっかっか!ざまーですわ。 ノ´0´)ノ ̄

そして突然Disc1が終わりました。

やったー!ついにDisc2に突入だー!

あれ?このページ日記は確かDisc1用だよねー。(; ̄ー ̄A  この先はここへは書いちゃまずいのですが、壁紙を探す暇がありません。なのでちょっとだけずれ込むことを許してくらさいませ。

Disc2に入ったらラグナ編になりました。
とっても田舎町にいました。出てくる敵は同じヤツばっかりでな〜〜〜〜んも面白くないッス。それでもキロスのレベル上げのために村を2周していっぱい戦いました。
この間にエンカウント半減を覚えたのでこれからは「敵が多くて前に進めないよー!」ということもなくなるのかな?隠しポイント発見も出来るようになりました。ぶんどる攻撃も出来るのでやっとアイテムも増えてきそうです。

ラグナ編が終わって砂漠収容所に画面が切り替わりました。
スコールがサイファーに拷問されてたし!

にゃろー!何すんだよー!

ところでSeeDって何か他に秘密があるんですかい?スコールも知らない秘密があるんですかい?
 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |